スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メガクチート 育成論 調整

images.jpg

メガ進化を得て、恐ろしい火力を得たクチート。じゃれつくの火力、半端じゃないです。
というわけで育成論というほどではないのですが、クチートの技構成や努力値に関して考察をしてみようかと思います。

まず、大前提としてどこもかしこも「いじっぱり」しか選択肢にない というような状態ですが
個人として考えると

ようき という選択肢も十二分にありだと思います。

火力としては結構落ちるものがありますが、実数値としては15しか変わりがありません。
というのも、ちからもちという特性は、ステータスが2倍されるのではなく、技の威力が2倍されるため
(以前はステータス2倍だったようですが、補正位置が変更したらしいです。)
実際は思ったより差はございません。30も実数値に差があるということはありません。

ということで、最速仕様にして、抜ける相手に対して有利に立ち回れるクチートという型になります。

クチート@クチートナイト
AS252 陽気
じゃれつく ふいうち みがわり 剣の舞or挑発orアイアンヘッド

このような型になるでしょうか。
最速ラッキーと同じ素早さにあるので、抜かれる相手には抜かれるのですが。
逆に、準速ラッキーあたりに調整しているのは標的としていけます。
問題は耐久。Hが元から低いメガクチートなのでHに振ることで耐久を大幅に上昇させることが出来ますが、
今回は耐久を見送り最速仕様にすることで耐久は紙となります。
ちなみに、素早さ実数なのですが112となり、準速バンギに丁度抜かれてしまう調整となります。
激戦区よりちょっと遅い程度となってしまうので、絶妙に相手の素早さを考えていく必要があります。
バトルハウスではすぐにわかるので、非常に強い型であることはわかると思うのですが、実践は経験積むしかないですね。
メガバナあたりは身代わりで起点にできます。地震やめざ炎持ちは知りません、様子見行動の身代わりが出来るだけで評価点

迷える子羊達へ
※シングル・ダブル・トリプルではHAベースの方が強いと思いますが、ローテは特にこのクチートが使いやすいと感じます。
トリルとかの一点読みで身代わり、追い風からの上から殴れる点も評価できると思います。


スポンサーサイト

ペロリーム 育成論 調整

腹太鼓型の考察になります。
まず、マリルリに出来てペロリームに出来ないことを第一に考える必要があります。
それは、軽業による抜き性能です。アクジェを使う抜き性能を取るか、普通の速さを取るか。
汎用性は間違いなくマリルリです。マイオナに使われる方の参考になればいいと思ってます。

配分
努力 H148 A252 B20 D4 S84
実数 176-145-109-xxx-96-103
HPは4n調整です。
Aは特化です。元の火力低すぎて最大限にします。
BDは余り。ボブの地震耐えてオボンから太鼓→鮫肌でほぼ落ちない調整(乱数上二つ切り)
Sは軽業後メガライボルト、通常時で準速ラッキー抜き、ヤメルゴン抜き
太鼓出来ればH252メカガルに確定取れる超火力ですが、太鼓出来ないとゴミカスです。

構成はオボン持たせて
じゃれつく 恩返し どろぼう 太鼓
どろぼうでギルガが乱数圏内という激熱


読んでくれた方、おとなしくマリルリですることをオススメします。

怯みパーティ

ガルーラ@ストーン
ねこだま かみつく 頭突き 岩雪崩
説明不要でしょうか。

パルシェン@おうじゃのしるし
からやぶ つらら ロクブラ つぶて
礫で怯ませられるパルシェンは強い。

トゲキッス@スカーフ
エアスラ トリック 電磁波
麻痺るみでもいいんですが、素の素早さので戦えるのと、後続で電磁波を強引に撒いていきましょう。

チラチーノ@鋭い牙
でんじは スイープ ロクブラ タネガン
選択肢 投げつける 役割放棄になりかねないので、今回は捨てました。もちろんスキルリンクで。

エテボース@鉢巻き
ねこだまし
それ以外!いらない! ねこだましでラティオスあたりが丁度二発圏内の超火力。

6枠目選択
電磁波撒くならレッドカード、ねこだまし重視するなら脱出となりますね。
ボルトロス@脱出orレッドカード
でんじは

クレッフィ@脱出orレッドカード
でんじは リフレク ひかりのかべ

読みを必要としないことパーティ、強い!

ポケモンXYで まさかの レーティング除外



ローテーションの記録はあるんですが、シングルが抹消されました。

実はやってなかったというオチではありません。
マッチング画面ではレートの記録はあるんです。

写真とるの下手くそです。

考えられることとしては切断率なんですが、
BW2時点の切断率によるレーティング除外は、ランキングのみが『-』となり、勝敗数、レートは記録されていたはずなんです。

と、なるとPGL側の問題でしょうか。
数回更新を待ってみたのですが一向に改善されないので、メンテナンスで改善されることを祈るのみです。

ちなみに、切断率に関して
ルーターがポンコツでたまに接続切れるので、切断率はおそらく高い方だと思います。
トゲカッス使って被切断率も高いと思います。
ちなみに故意な切断はシーズン2で一度だけあります。スイクンの零度を三連続零度被弾、うち二回は爪発動。敬意をこめた切断(´・ω・`)ごめんなさい

なんなんでしょうね

近況

適正試験は真面目に答えていいんでしょうか?
真面目に答えた結果落ちましたが。
はい、縁がなかったんです。

履歴書、一つ書くのにめっちゃ時間かかるやないか!
古きよき手書き制度は廃止すべき。 まじ字が汚い

ポケモン
ローテーションに手を出してますが、マッチングしなさすぎてレート上がりません。
シングルはぼちぼちあげてってます。 流行りなのかメガギャラドスが嫌いです。

半沢ガルーラ (カウンター メガガルーラ)

やられたらやり返す!



4倍返しだ!!!



※メガガルーラは特性おやこあいによって、二回攻撃の二回目は一回目の半分の威力になりますが、定数ダメージであると威力という概念がなく、二発目に100%のダメージが入ります。
地球投げ→(親50+子50)100ダメージということにもなります。

そこで着目したいのがカウンター。こちらも定数ダメージであるので、実質4倍で返すことが可能となります。
物理にはゴウカザルのインファすら耐えることが出来るため、基本的にいちげきで沈めることはムリになります。
また、ガルーラへの回答として結構増えてきたギルガルドに対しても、メガせずに肝っ玉カウンターで安価に聖剣選択したギルガルドをぶち殺すことが可能に。

あと、恩返しも覚えるのでカウンターせずとも半沢っぽくなれます。
残念ながらしっぺがえしは覚えません。

トゲキッス 調整 xy

努力値 84-0-0-218-4-204

素早さ実数138。 激戦区なので最速でもいいかもしれない。
耐久はhcメガバナヘドロ確定耐え このラインは絶対に確保しておきたいと思う。
火力は残り。 HSベースよりも負担かけていきやすいCSベースの方が個人的に好みなのん
最速にするならcから削っておきたいところ。
バナへ後だしすると、h振りだけならエアスラギリギリ二発圏内。
最速にしてc170まで努力値を削っても確定2発。

メモ
ASメガバン hバンギ はどうだん確2

XY どくびしパーティ

パルボルトが以前は結構有名な構築でしたが、今作ではゲッコウガが卵技で覚えることができ、汎用性も落とすことなく戦えるので優秀な構築と呼べるのではないでしょうか。
実際に少ししか使用してないのですがね!また使用感は後日。

では構築
ゲッコウガ @襷
臆病 csぶっぱ
冷凍ビーム 草結び じんつうりき どくびし

攻撃技は選択ですので、パーティに合うように選択するといいと思います。ボルトロスと組ませる以上、バンギがやたら重たくなってくるので草結びは確定でいいのではないでしょうか。
冷凍ビームはガブラティボルトを上から叩けるだけで採用価値は高いと思います。
あとはじんつうりきですが、ボルトと組ませているとフシギバナが重たかったので採用。
ファイアローに刺さる岩雪崩とかも良いかもしれないですね。

ボルトロス @残飯
10万ボルト めざ氷 みがわり まもる
臆病 h161調整(52振り) 残り最速→c振り

配分は最低限仕事するために必要なhp調整し、あとは火力特化にしていきました。
火力不足感があったのと、めざパ弱体化でHSベースの耐久振りだと落とせるものも落とせないのでこのような振り方に。
どくびし撒けていれば定数ダメージだけで倒せるという汎用性。

カイリュー @ラム
りゅうまい げきりん じしん はねやすめ
HSベース 陽気 S212振りだったと思う()

配分があまり覚えてないのですが、竜舞後メガライボルト抜きだったと思います。実数で138ですね。
しんそくないやん! 使ってると欲しい場面無かったので切りました。ゲッコウガ+カイリューでも選出出来るような技構成にしました。
炎パンツはギルガにキャッチされてめんどくさいので地震を選択。

露骨にパルシェンやガルーラが重たいので、強く出れるギルガルドあたりが後続になってくるでしょうか。

立ち回りは絶対にどくびしを巻く必要性は無いという立ち回りが大事です。ゲッコウガが先発である必要もないです。
明らかに刺さるパーティがいれば使うくらいなので。
では

どくどくカイリュー 育成論

りゅうのまい げきりん どくどく はねやすめ @残飯orラム
h212-a86-b4-d20-s188 (陽気)

HP193で16n+1
Dはラティ眼鏡流星
Bは鉢巻きカイリュー逆鱗くらい
s136で最速メガバンギ抜き
Aはガブへの遂行にギリギリの数値(耐久無振りに逆鱗で確定)
それと振ってないガルーラが丁度二確

技構成は余裕で鋼で止まるので、鋼に強い駒を用意しておくといいのではないでしょうか。

レアコイル と ジバコイル の比較

※スカーフ前提


採用には非常に悩みますが、やはりレアコイル優位なのではないかと考えます。
スタンダードな使い方はジバコイルがいいですが、スカーフにするとレアコイルの方がいいと感じる場合が多々。

素早さは圧倒的にレアコイルが早いのもありますが
c値 臆病ジバコイル(182)<控えめレアコイル(189)
s値 臆病ジバコイル(123)>控えめレアコイル(122)
どちらが効率的でしょうかと問われるとレアコイルですよね。
準則70族が環境にいるかと問えば、唯一ガッサくらいで、対面はどう考えても引くべき相手ですので、123という抜き去ってることにはどうなのかと思います。

素の耐久はジバコイルに大きく歩がありますが、頑丈(+スカーフ)によるタイマン性能を魅力としているので、素の耐久が生きる場面は……。

あと見た目がレアコイル圧勝なので、結論レアコイル有利ということでいいんじゃないでしょうか。
管理メニュー
カウンター
カウンターww ゴミ技ですなwww
Total      
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。