スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tim氏のコンサートにいくなう。

いってきまーすwww

迷子になるかと思った
スポンサーサイト

ドレディア イヤホンジャック



3DSにしっかりと付いてるドレディアたん。

え、そんなドレディアのイヤホンジャックなんて販売してたっけ? ポケセンでも無かったんだが?
ドット柄の方のイヤホンジャックはあったんだが、違うよな
はい。既製品ではございません。


こちらのグッズを少しいじらしていただきました。

こちらのぴたぽけとしての可愛さも十二分で、だいぶ癒されたのですが、吸盤の性能が少し悪く、引っ付きにくい。
せっかくディスプレイしても落ちてしまうので、どうにかならないのかなーと模索した結果、100円ショップのイヤホンを削り等で加工して

このような形に。

街中でスマホにドレディアのイヤホンジャックつけてるやつを見かけたら、それは私で間違いないでしょう。

是非、既製品としてドレディアグッズ増やしてほしいんですがねー。
モンコレでのドレディアはまだですか?と。
イヤホンジャックも期待してます。

ママンリュー【ママンボウ+カイリュー構築】

fc2_2013-06-14_18-22-27-082.giffc2_2013-06-14_00-49-32-813.gif

ママンボウ+カイリューの構築。
以前はこちらの構築にジバコイル入りで、いわいる「ママンコイル」としてスタートした構築ですが
ママンコイル+カイリューとして扱うよりも、ママンリュー+ジバコイル程度で構築したほうが強いんじゃないかなと感じてきた。
理由:単体性能が明らかに高いカイリューと比べ、ジバコイルは頑丈があるが相手を選びやすく、また攻撃範囲が狭い。
カイリューは技のデパートとまではいきませんが、そこそこのレパートリーをもち、なおかつ優先度+2のしんそくという珍しいかつ非常に強力な先制技を有し、また竜技との攻撃範囲の補完として馬鹿力、かわらわり、地震、炎のパンチ(+特殊技の役割破壊)という圧倒的な性能をもちます。KP(かぶりポイント)も高く、いわいる厨ポケモンの代表格といえる。
また、破格の使用率の所以は、「マルチスケイル」という固有特性にある。HP満タンのときにうけるダメージ量が半分という鬼畜性能。
もうおわかりでしょうが、ママンボウのねがいごとサポートと、マルチスケイルは非常に相性がよく、願い事後のマルチスケイルによる半減強引な後だし+ねがいごとによるマルチスケイル復活が強み。またママンボウも再生力を持ち、この2体だけで何度もサイクル出来たりする異常な性能をもつ。
ジバコイルでも頑丈による強引な後だしと、HP個体値を下げることにより実数値HP137、ママンボウのHP特化時272であるので、願い事回復量136により頑丈再利用というのもできますが。
如何せん水浸しが前提であるので、電気技しか打てないため、サイクルが読まれやすいというのがある。(ラスターカノン、めざ氷はすべて半減される)サイクルが読まれても電気の一貫性が後続まであればいいのですが、電気無効という相手がいると途端に厳しい局面に。相手が低下力なら、リスクも低いママンボウ再降臨でいいのですが、ママンボウのつらいボルトロス、トリトドン、鉢巻き系は苦手で、ボルチェン選択していると、特殊によるママンボウごり押しなどが非常につらい局面が多々あった。
それを解決するのがカイリューさん。
後だしによる強引な竜舞が決めやすく、すぐさま全抜き体制に入れる。ママンボウが鋼に繰り出しやすいこともあり、繰り出したのちの水浸しで逆鱗の一貫性が非常に作りやすい。
鉢巻きでももちろん強く、マルチスケイルがあるのでパルシェンやマンムーがいなければ逆鱗プッシュしてるだけで崩壊に近づけやすい。ママンボウに打たれやすい状態異常技を含め、ラムの方に歩はありそうですが。


取り巻きの紹介
ママンボウ+ジバコイル+カイリューまでは固定メンツ
実はこの3匹雨パと相性いいんですよね。
fc2_2013-06-14_00-49-38-784.giffc2_2013-06-14_00-49-47-248.gif
+トノグドラとして並べると、ママンボウも含め弱点かぶりやすく、選出が難しい場面も。雨ドロポンの指数とママンボウによる竜技の一貫性の生成、グドラの繰り出し回数、トノの繰り出し回数確保による天候奪取等々攻撃面は悪くはなかったが、如何せん相手側攻撃の一貫性が厳しい。

fc2_2013-04-26_22-06-31-998.gif
グドラの代わりにラティオスとなると、相手のラティオスが重すぎて撤退。

fc2_2013-04-16_23-55-44-386.gif
トノ抜いてラティハッサムで使うと、安定感は高まった。雨なしでスタンダードで行くならこの取り巻きかな。

耐久相手が厳しい構築かつ、格闘がいなかったので
fc2_2013-04-03_22-04-09-336.gif
相手の雨砂を同時に見れるガッサさんを強引に突っ込む。
最近の動向的に催眠技の一貫性があんまり見られないので、きのこのほうしを切った形に。
マッパ エッジ タネガン 剣舞 @タスキ
初手のガッサ選出の安定感もあり、カイリュー、ジバコと合わせ先発の幅が広がってなおよし。
ママンボウ願い事で襷復活からの強引剣舞という芸当も。
強引に勝ち筋を生み出すパーティとの相性はいい感じです。地味に水浸しからのタネガンの一貫性が高まる。電気草抵抗があるので、ママンボウからの後だしもいけたり。

結局まとめるとママンボウ軸パーティこんなかんじ

ママンボウ@残飯 HB特化
水浸し 願い事 まもる アクジェ
※アクアジェットは指数こそ足りないものの便利。ゴツメも一考。

ジバコイル@スカーフ CS特化(臆病)
ボルチェン 雷 めざ氷 ラスターカノン
※上からのボルチェン。ボルチェンのくせに馬鹿にならない負荷になる。

カイリュー@ラム AS特化(陽気)
りゅうまい 逆鱗 しんそく 炎のパンチ
※炎のパンチは自由枠。水浸しがあるので竜技2つでもいいと思ってます。

キノガッサ@襷 AS特化(陽気)
マッパ エッジ(or胞子) タネガン 剣舞 
※初手エッジの安定感。終盤剣舞マッパで抜いていく。先発に出しやすい構成。

以下組み合わせ2択トノグドラorラティハッサム
キングドラ@眼鏡 CS特化(臆病)
なみのり ドロポン 流星群 竜の波動
※雨ミラーも考えて強気に出せる臆病がお勧めです。寝言も仕込んでもいいかもしれません。

ニョロトノ@脱出 各自調整
熱湯 アンコ まもる 滅び
※多少特殊耐久よりの調整にするとママンボウと役割かぶらずでいいと思います。

ラティオス@眼鏡 CS252(臆病)
流星群 雷 波乗り サイキネ
サイクル前提ならHCのヤティオスもいいと思います。置き土産スタイルもパーティーと合う。寝言仕込んでも・・・。

ハッサム@自由 各自調整
蜻蛉 電光石化 自由 自由
耐久よりにするとママンボウから繋げていきやすい。水浸しでバレパン半減になりがちなので、電光石火の優先度は高い。 

こんなところでしょうか。

めざパ毒ラティオスとかいいんじゃないか?

フェアリーで止まらない役割破壊ラティオスを今から作ろうぜ!

珠めざパで抜群とれば、サーナイトくらい問題ないですね(^^)
眼鏡ヤティオスなら特化サーナイトまでめざパで抜群とれば丁度確定二発なんですよね。
そもそもめざパが次の世代どうなんの!という。

めざパ消えたら、電気タイプが終わっちゃうううう
まあでも、めざ氷の時代は終わるかもですがね。

楽しみですよおおお

line 忍者ストライカーズ 攻略

今回は、ライン忍者ストライカーズ というゲームについての紹介

初歩的なこととかは面倒なので簡潔に

このゲームはいかに仲間を育成して戦うかというゲームですね。プレイング云々ではどうにもならないこともあるので、仲間の育成を特化して行いましょう。
同じ種類LV10とLV1以上で掛け合わせて、さらなるレア度を高め、最終的に★3までいけばMAXです。
効率よくレベルあげるには、土曜日にやりまくって宝箱から出るチーズでレベルあげるのがいいと思います。それ以外は効率なんてありません。

では、育成するためのオススメ配列


スパイク、ポイズナー系は基本的に使いにくいので、ゴミと思っていいと思います。
ファイヤー、サンダー系があきらかに強いのでそちらを優先しましょう。
最終的な進化になると、ボルケーノ、ライトニングとなり、
以下のような数値になります。
ボルケーノMAX攻撃力165(範囲)
ライトニングMAX攻撃力160(×2)
さらに、追加効果で、ボルケーノは対ボス?で威力が増加し、ライトニングは雷が二本発動する。
最終ボスの討伐にボルケーノ2体は必要なので、そちらは確定でいいと思います。
途中でボルケーノを仲間に加えながら走れる自信がある方は、ライトニング×5でいいと思います。

ポイズナー、スパイク系は、直進では強いものの、斜め移動時にあきらかに弱いため、死にやすくなります。
また、ポイズナーで速度をおとしながらという戦法も考えられますが、落としてもごくわずかであり、さらに、ライトニングとの連携が悪く、雷の発動がズレて、死にやすくなるという始末。
スパイクでサムライを持っているのなら、一体程度入れておくと、主人公の活路を開くようには使えるかもしれません。

まあでも、ライトニングが3体いれば、敵6体の塊でやってくる所も丁度殲滅できるので、スパイクは不要になりやすいですね。
敵8体の塊が来るところで少し体制が崩れますが、ライトニング4体入れてもボスを落としきれないので、そこはどっこいどっこい。

ママンコイル 考察

94-17638-18483
立ち回りは悪くはないんですが、運の悪さに悩まされるという。

エモンガとか知らないよ!相手のパーティにナットいたから、雨混在なので、ジバコイルと同時にみれるナット選出されると思ったら、まさかのエモンガ
一本とられました


サイクル稼ぎのできるママンボウですが、自信の火力の低さどうにかならないのか。という
アクアジェットを攻撃技にしてますが、流石に指数が不足している気がしてならない。
やはり攻撃技は滝登りが安全択という結論になりそう。
補助技オンリーの構築もありなのですが、雨の恩恵を受けやすいパーティで、
滝登りの指数=17000 くらいの火力にはなるため、やはり攻撃技は入れておきたいなーという感じ。

むずかしい(´ω`)

シングル ママンコイル (ママンボウ+ジバコイル)

過去の紹介
以前にも紹介したママンコイルですが、色々と改良点が見つかったので再度紹介。

強みとして、水浸し故にボルチェンの選びやすさ。安定行動になりやすく、有利にサイクルを回せます。
また、ママンボウが想像以上に強い。硬い。HB特化+残飯+再生力とか難攻不落。

弱み スカーフジバコイルが抜かれること。
先手スカーフボルチェンを前提にしてるので、割と抜かれると厳しい面がありました。

あと、大事な点として
ジバコイルのHPは137以下にする必要があること。
解説
ママンボウの特化したときのHP実数値は272。つまり願い事の回復量は136。
これはジバコイルのHPが138以上であると、頑丈で耐えて願い事サポートした時に、HPが全快せず、次の頑丈が発動しなくなる。
ジバコイルのHV無振りの時の数値は145なので、個体値15以下で調整必須。
その他頑丈と組ませる場合には要注意。

後続も色々考えましたが
ジバコイル+ママンボウ+(カイリュー、ボーマンダ、ラティオス、ラティアス)あたりがベストの組み合わせと感じた。

願い事でカイリューのマルスケ再利用というシナジーもありつつ、ジバコイルの弱点 炎格地を見事にカバー。また逆にカイリューの弱点
竜氷岩を見事にカバー。もちろん他の竜も同条件ですが、被一貫性のあるタイプがひとつも存在しなくなる。
ローテーションで再利用出来ますね(^ω^)←
珠ラティ、舞リューという鉄板構築。両立もありだとおもいます。
マンダは繰り出し性能が高く、型が豊富なので読まれにくさがあり流石のマンダというところ。
やはり一長一短ですが、回復サポートを考慮するとカイリューが噛み合ってある感じはありますね。

残りの枠ですが、トノグドラあたり組み込んでおくと選出の幅が出来ていい感じでした。
ジバコイルの雷も必中恩恵、ママンボウの攻撃技も実用範囲の火力になってくる。
ママンボウがグドラのドロポンの試行回数サポートを可能にしてくるので、なかなか噛み合ってきている。また水浸しによる流星群の一貫性も強引に作れる。



ママンボウ入りの雨テンプレになりつつありますねww

後のひとつの枠は自由ですが、特殊でかたよりすぎているので、是非物理を入れたい。
カイリューいるけど、ナット処理厳しそう。
対雨どうするの?

……まとめて可能にするのが、キノガッサという一駒。もはや雨テンプレート。
襷でもしておくと、使いきれなかった襷をママンボウが強引にサポートということも可能。
しかしこの時点で、雨パという偽装をすることで、『ママンボウの特性は潤いボディ』という偽装もかけることができる点も強みになる。


もう少し回したらレートデビューにでも……

フェアリーィィィィ

ニンテンドーダイレクトより
新たなタイプとしてフェアリーが出るらしいですねww

ニンフィアは新タイプという予想を裏切ってくる形に。
その他、マリル、プリン、サーナイトが複合としてなるみたいです。

その性能は……

ドラゴンキラー性能。

超と悪のような関係性で、ドラゴン技無効の、与ダメは抜群。
そんなことがあっていいのか!
鋼の存在意義!

ラティオスさんが、眼鏡サイコキネシスで一貫性を高めた鉢巻き思念グロスみたいな立ち回りになりそうですね。
無効なので逆鱗キャッチされないものの、逆鱗の強さは失われますね。一貫性が消えましたありがとうございました。

フェアリーに何が抜群で通るのか情報不足ですが、めざ炎の時代は終わりましたね。
てかめざパどうなんのwwwwwwっていう。

はわわわわわわ 楽しみですねwwwwww

ポケモンの動く絵 gif画サイト

http://sprites.pokecheck.org/

こちらのサイトで動く絵的なやつがダウンロード出来て非常に便利なのですが
サイトが以上なほどに重いという。
スペックの低いパソコンやスマホ等なら、処理落ち多発。

それだけwww

ママンコイル




近頃よく見るママンボウ+ジバコイルの組み合わせ。元々はローテーションでの組み合わせらしいですが、シングルでもチラホラ見るようになってきました。
『ママンコイル』名前が少し卑猥…
さて、具体的にどういう立ち回りなのかを見てみましょう。

ママンボウの再生力+願い事によるサポート性能、ジバコイルの頑丈による後だし性能。頑丈耐え+願い事で見事にHPが全回復してしまうのが厄介。
ママンボウをクッション材に使えるというのが利点ですね。
指数が正直変わらない、スカーフなら130抜き()が出来るなどという点でレアコイルの構築もチラホラ見ますが、今回は見送り。

構築は基本的にこうらしいです。
ママンボウ@ゴツメor残飯
HB特化 水浸し、まもる、どくどく、願い事、(攻撃技)
ジバコイル@眼鏡、スカーフ
CS特化 ボルチェン、10万or雷、めざ氷or草、ミラコorラスターカノン

他の補完枠は、特殊受け枠としてバンギやハピナス、ラッキーなどが鉄板みたいですが、格闘の一貫性が強まるのを懸念して他のポケモンを採用というのもあるようです。

まあでも、ママンボウがブシン受けちゃうらしいんですがねww




実際に使ったことないので、構築してみようと思ってます。

トノグドラ+ママンコイル+ハピナス+ガッサ
ちと雨に依存しすぎてる気もしますが…
あと、前の雨パと似か寄りすぎてどうなのっていう。

トノグドラはいつも通りの脱出雨の眼鏡グドラ
ママンコイルは前述
ハピナスはステロ入れておきたいなと。ラッキーでもいいですが。
ガッサは襷持たせたよくある型 サイクル回すのが前提なのに、襷ってどうなのっていう。

まあ、何事も作ってから考察するのがいいと思うんですね!
管理メニュー
カウンター
カウンターww ゴミ技ですなwww
Total      
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。